記事一覧

格闘技

〔本と新作〕山形国際ドキュメンタリー映画祭、、各上映会場では本やDVD,チラシなどが山と積まれていた。その中から1冊だけ選んだ。なんしろこの手の本は値が高い。原 一男「ドキュメンタリーは格闘技である」筑摩書房2200円+税、2016年2月の出版。深作 欣二、今村 昌平、大島 渚、新藤 兼人との対談集。勿論亡くなっている監督もいるから以前の対談を、改めて音声テープを文字起ししたものだ。フィクションにしろ...

続きを読む

厳禁風呂

〔格調ある看板〕結局迷った末に行ったのは混浴厳禁風呂だった。(こんなに大袈裟な看板を出さなくても混浴する人はいないと思うのだが)湯の汲み上げポンプの修理が済み、再開した250円風呂を選んだ。そしてこの際、大概上下二段あるシャワーノズルの止めホルダーが下にも付いたとか、ハゲハゲのペンキが塗り替えられたとかの多少のリニューアルが成されたかも知れないという期待からだ。しかしだ、見事に休業前と何ひとつ変わ...

続きを読む

200円

〔200円温泉〕実は例の混浴厳禁250円温泉の事だが、この夏の8月くらいから休館しておった。仕方なくその500メートルほど先にあるもっと安い200円温泉に通っていた。そこは洗い場が2つで浴槽が2つ。困るのはシャワーが付いていないのでお湯と水の2つの蛇口で適度な温水にしなければならない。それも水量が細く時間がかかる。シャンプーなどしょうものなら時間がかかってしょうがない。脱衣場も混浴厳禁風呂よりは倍...

続きを読む

山形、行って来ました。

〔上映後のQ&A〕いや驚いたね。どの会場も大入りで200から300人の客席なら補助イスを出さねばならない。1000人以上の大ホールも8分の入りだ。して客層の年齢層も実に幅広い「山形国際ドキュメンタリー映画祭」、やっぱり実際に行ってみないと分からない実感がある。山形市、人口25万3千人で、北海道なら函館か旭川に近い人口。札幌の7分の1以下の人口だが、こと映画祭に関しては人口など問題ではないことがよく...

続きを読む

主客点灯

〔マキさんへ〕きょうは1日〔浅川 マキ〕さんを聴いていた。1942年1月27日~2010年1月17日、68才にあと10日の人生を生きた。ねえ天国のマキさん、もし良かったらアタシの書いた詞をブルース調で唄って下さい。マキさんの唄を聴いていると、ふと久しぶりに詞を書きたくなったんだ。    主客点灯の唄 あおく晴れても 来る人はなく 雨にぬれても 来る人はいる どんな法則が あるのか 人のこころは 解から...

続きを読む

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ