記事一覧

ザクロ

〔劇場名簿〕昭和50年度版の劇場名簿をいただいた。小樽で劇場などのノボリや染物、幕の仕事をしている森山さんが持って来てくれた。この方は昔いろんな劇場に出入りしていただけあって、道内の昔あった映画館に詳しい。そしてこの名簿が見つかったのでと差し出された。発行は札幌市〔みやこ新聞社〕だがこのような名簿があることすら知らなかった。きっと最盛期の昭和30年から40年くらいな名簿があればもっと多くの劇場が載っ...

続きを読む

4連の2画面

〔スティーンベック ST928 西ドイツ製〕先週13日に東京のメンテから戻って来て、メカ部の取り付け、配線、調整、テストにと4日間格闘しておった。1度目は光学系の養生綿の取り忘れで画面に画が映らない、ハーフミラーには何か変なものが詰まっている。メンテ親父さんの用心をセッカチなアタシの剥がし忘れでもう一度初めからやり直し。さてテストと思いきや、走行スピードが安定しない。よく観察するとモーターからのシ...

続きを読む

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ