記事一覧

切符半券

〔昔日の映画館地図〕皆さんは映画や舞台を観劇した際、チケットの半分をどうしているだろうか。アタシはここ数年普段使っている手帳に行った日付に張り付け、タイトルを記入している。(半券にタイトルが印刷されている場合もあり、あれはいいことだ)むかしのアタシはほぼその場で捨てていた。もしそれを採っておいたら、いろんなことが書けたかも知れない。ダチ、タカモリ氏の義理のお姉さんは若い時から無類の映画ファン。19...

続きを読む

行く先の向うへ

〔羽帯駅〕札幌に戻ると読んでいなかった新聞をまとめて読む。どうしても鉄道関係の駅に関する記事はすぐ目に留まる。どうやら来年のJRダイヤ改正では根室本線羽帯駅の廃止に清水町が同意したようだ。平らで遠くまで見通せる付近には民家もなにかの施設も見当たらない。もしここに乗降者がいるとすれば、よほどの辺境駅マニアか特別な事情を持ったひとだろうか。1日上下4本の汽車が止まるが、平均乗降客数は1人以下だという。...

続きを読む

♪池上線

〔 ノルウェイの森 〕 突然西島三重子さんの「池上線」が聴きたくなり、YOU TUBE で聴いてみたみた。なぜか東京に三年いた時代を思い出したのだ。ところがこの曲は1976年の発表だから札幌にもう戻っていたころの曲で、妙に懐かしくて東京時代を思い出して当時聴いていたようだ。詞が自分というよりあの時代の男女関係とが重なっているからだろうか。 この曲を知らない方は、YOU TUBE で聴いてみて。ほと...

続きを読む

開店休業

〔館前のプチ冠水道路〕本日は強風と大雨の台風日だ。夜中も風音と雨音でよく眠れんかった。うつらうつらで時計をみると9時だった。急いで起きて朝めし。月曜は燃えるゴミの日だから、今日は20ℓゴミ袋で15m先のゴミステーションへ。それでけでも大層濡れたから、朝からストーブを点けた。またこんな日に来る客などいないだろうと電気も無駄なので点けていない。外光の入らない館内はほぼ暗い。まあ間違っても客は来ないから...

続きを読む

美女乱入

〔メカ中心部、2回目のメンテ出し〕スティーンベックを使う仕事がひと段落したので、2回目の東京メンテ出しとなった。(AB画面のB画面の使用で済んでいたので)3週間後には戻るだろう。ところで8週ごとの今回の内科検診A1cの数字は案の定よくなかった。なんしろ決定的な運動不足だ。1日何回かの2階住居部分と1階の展示スペースとの階段往復が基本で、あとはエアーをかけたり床全面の掃除機かけだ。たっぷり小2時間の...

続きを読む

夏と西瓜

〔さて何匹のノラが〕つい先日発見したのだが、またノラの子猫が3匹増えた。これで確実に13匹以上になったが、その遊び場には事欠かない。この写真の中にも5匹は遊んでいる。一体何を考えているのやら、その生態を観察してもさっぱりわからん。まあ猫のことはともかく、過日100ワットオバさん食堂からスイカをいただいた。半玉だが小玉スイカなので食べられるでしょうと。むかし書いたシナリオのあるシーンを思い出した。男...

続きを読む

夏の駅舎 跡

〔繁茂する草〕仕事のついでに駅跡へ寄ってみたが「夏草やつわものどもが夢の跡」風になっていた。花壇が在った場所は土が肥沃なだけに草が大きく繁茂している。もし鉄パイプ柵がなければ、つい昨年冬まで駅舎が在ったことさえ分からない。こうして無人駅は次々と消えていく。...

続きを読む

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ