記事一覧

ペガサス

ペガサス
〔撮影用ペガサスクレーン〕

撮影用クレーンで人が乗れる、これが最小のクレーンだという。(最近はカメラだけ載せる12メートルの細身のクレーンが使用されるようだ)最小と云っても当博物館の中で展示するにはとてつもなく大きい。これを登別にどうかというお話をいただいたが、さてどうしたものか。毎日悩みが1個消えては1個増える。来春までには決断しなければ。

館内の機材たちは元気でおりこうにしているだろうか。また、狙われたりしていないか心配だ。まあせめてお話しいただいたペガサスクレーンという名に因んで翼のある天馬、芸術の女神が守ってくれるだろうよ。
(写真はこれでも最小に組み立てた状態。写真下は延長用の骨組み)
スポンサーサイト

コメント

ごぶさたです

冬季休業なのですね
行かなきゃと思ってたのですが
ペガサス すごいですね
ぜひ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ