記事一覧

お世話になりました。

改装工事記録ノート
〔改装工事記録ノート〕

このノートは改装工事記録日記を書こうとして、今年7月12日から書き始めた。札幌から登別へ向かったのは13日で、9時半出くもり暑しと。特段の考えもなしとも書いてあるが、薬を一式忘れて取りに戻ったのだから、平常心だと書いたのはどうなのか。深く考えるとなにもできないから思考停止していたらしい(笑)

毎日おおよその行動、改装工事内容や主な時間などのメモ、記録写真も1日1枚は撮ることにしていた。それから8月15日まで寝る前に書いていたメモが続いているが、その日第1期改装工事完了に伴いそれ以後のメモは途切れている。余裕をなくし気力も湧かない状態だった。その後は時々メモと時々写真、重要な引っ越しシーンや段ボールの山を前に呆然とする画は無い。

9月26日に第1期オープンだったが、焦りの毎日でもう記憶も飛んでる。それまでに先にできていたHPに投稿など頂いていたが、反応する余裕も失っておりました。今年カンチョー日記や掲示板に書き込みしていただいた方々に改めてお礼申し上げます。また改装工事や展示、お掃除などお手伝いしていただいた方々にも深くお礼申し上げます。

その後のノートだが、忘れがちなメモ帖として活躍している。PCの操作や来ていただいた人の住所や名前(勿論全てではない)、機材をいただいた人の連絡先など。資料なども挟んであるがあと1年は使えるだろう。さて来年はどんな事柄が描かれるのか、ただ今冬季閉館中ですが、一部模様替えなどありますから皆様のご来館をお待ちします。そして掲示板などにもどんどん投稿を歓迎いたします。それではみなさまよい年をお迎え下さい。(※それにしても字が下手です)
スポンサーサイト

コメント

再開を楽しみにしております

もう大晦日だというのに、まだ何にも手つかずのままです。ただただぼんやりと一年を過ごしてしまいました。
館長さんは大忙しの一年でしたのね。幸運やお友達に恵まれたこともあるでしょうが、やはり館長さんの熱意が開館にこぎつけたのだと思います。
来年はぜひお訪ねしたいと思っているのですが、何か気恥ずかしさが先に立って躊躇してしまいます。もう一つのブログも楽しみに拝見しています。お身体をいとわれて元気に新しい年をお迎えください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ