記事一覧

音 声

DSC00640.jpg
〔エキサイター〕

 ついにだ、問題があった35mm映写機の音声が正常になった。そうかも知れないという所を解決するちよっとした機材を間に入れると、歪んでいた音がクリアになった。しかしまあ映写機の音声はデリケートだ。 このために費やした時間は相当になったが、これもいい勉強なのだ。
 朝は8人ほどの団体をT氏が連れてきてくれ、「無人駅叙景」がカンパ付きで2枚も売れ、昼には同級生U子さんが食べやすく皮むきリンゴの差し入れ。夕方には中古だが折りたたみイスが6脚手に入った。これでライブのイスは足りるかも。今日もいい1日なのだ。
※エキサイターとは映写機において、音声部の総称です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ