記事一覧

不具合な事、沢山

IMGP3977.jpg
〔全く不具合な写真〕

全くいかれた〔古いデジカメ〕の写真だ。電池が切れかかっていて、こんな写真1枚しか撮れなかった。しかもフレームはもっと上手だろう。アタシが電池充電の確認ミス。まあ講師の松嶋範男先生がいて、訊きに来た皆さんが30名ほどいたと想像してほしい。
遅くなりましたが8月20日の『新科学夜話ーいのちのしくみ』第1回は盛会の内におわりました。さほど身内はおらず、前日に室民に掲載されたイベント紹介記事と、町内会の回覧板が効いていて、1度は入って見たかったがなんだか怖くて入れなかったという近所のご婦人が多くいたことは嬉しい限りだ。その人たち、後日もう見ないというVHS作品を提供してくれ、ついでにと本を借りに来てくれたことは更に嬉しい。お手伝いいただいた皆さん、講師、お客様どうもありがとうございました。

このところスティーンベックの件で忙しい。昔の仕事仲間のつてをたより、ようやくその機械を持っているところを探しあてた。産業廃棄物にされず、奇跡的に捨てられずに残っていたのだ。しかしだ、その機械は住宅の2階にあり200K以上の重量、とても人間が階段などで降ろせるところではない。(ドアも通らない。持ち主は窓から機械を使っていれたという)ここはユニック車の出動、サッシ窓の戸を外してということになって、業者との下見、打ち合わせなど、○も無いのに完全にアタシは病気じゃ(笑)いや病気になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ