記事一覧

躊躇と葛藤

IMGP4182.jpg
〔頼りのストーブ〕

一体この寒さと雨続きは何なんだ。今日は朝から躊躇なくストーブを点けた。昨日なら寒いがこの時期からストーブなど点けていいものかという葛藤があり、昼頃になってやっと決断したのだ。しかしこう寒い所にいると、心まで寒くなるわね、という100ワットお姉さんのメンバーの本好き姉さんが昨日は言ったので点けた経緯があった。だが今日は迷いなくだ。

このまえ、いつものようにワンコインラーメン定食を食べていると、東北や北海道の縄文遺跡が世界自然遺産に推薦されなかったことを盛んに残念とこの姉さんはアタシに嘆く。新聞記事には縄文時代は文字文化が無かったと書いてあるが、この記者は勉強不足だとも。部屋から本を持って来て、証拠の写真を見せてくれた。おー、ちゃんとした文字らしき文字がたくさん書かれているではないか。
アタシも勉強不足でしたとです。ヒロシです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN山本

Author:BIN山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ