FC2ブログ

記事一覧

美女乱入

IMGP4208.jpg
〔メカ中心部、2回目のメンテ出し〕

スティーンベックを使う仕事がひと段落したので、2回目の東京メンテ出しとなった。(AB画面のB画面の使用で済んでいたので)
3週間後には戻るだろう。

ところで8週ごとの今回の内科検診A1cの数字は案の定よくなかった。なんしろ決定的な運動不足だ。1日何回かの2階住居部分と1階の展示スペースとの階段往復が基本で、あとはエアーをかけたり床全面の掃除機かけだ。たっぷり小2時間の作業だが、これとて周1,2回、たいした運動にならない。近くのスーパー買い出しも、運動の内には入らんだろう。かなりのものぐさで、運動する時間があるなら本を読みたい性分だから困ったものだ。

して検診日夜の呑み会。食べきれない程の身体に悪そうな揚げ物系と酒は何でも2時間飲み放題。で1人2,555円。メンバーはいつもの美魔女ナレーター2名、男性陣は役者兼CMナレーター1名、ディレクター1名、音ミキサー1名、それにアタシの計4名。
あんなに酒や料理を出して採算が心配なほどだ。ススキノにはどんな店もあるだなよし。
小上がりの通路を挟んだアタシの向う側の席には美女の2名組。上手に座っている美人は白の半そでニットに真っ白パンツ。スリムで長い足をモデルのようにきれいに組んで座っている。アタシらオヤジさんたちは、もはやハラが邪魔をしてあんな足の組み方が出来ないのが悲しい。
その長身の美女はこれまたカッコのいい仕草でタバコを吸ったあと、多分お手洗いにたった。その時だった。下手に座っていたもうひとりの美女が立ち上がり、我々の席の美魔女二人の間に割り込んで座った。最初は我々の内の誰かの知り合いなのかと思ったが、誰もが不思議そうに顔を見合わせるだけだった。そんなことにはお構いなく、とにかくみんなで乾杯しましょ、とノリノリだ。
訊くと昼から呑んでいるという。ウィークディ、昼から呑める仕事は我々の業界だけかと思ったが、今はそうでもないらしい(笑)
そのうち長身美女が戻り、乱入美女も席に戻り、帰り支度を始めた。結局お互いなんにも分からずで、場が納まった。
分からないのは、たくさんある小上がり席の中、どうして我々のオジさん席だったのかだ。上品なネクタイ族オジさん席はほかにもたくさんあったのだが。やっぱり小型デジカメはどんな時でも持ち歩くべきなのだと思い知った時にはもう遅い。
そして我々はヤキトリ屋さんから次なる仕事仲間の役者がやっているヤキトリ屋さんへ向かった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN 山本

Author:BIN 山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ