FC2ブログ

記事一覧

お世話になりました。

IMGP4284.jpg
〔狛 犬〕

今年もあと1日となりました。言うまでもなく多くの皆さんの助けと出会いが私の気力の源です。ここにほぼ一年、ご縁をいただいた皆さんのお名前を列挙してお礼に代えさせていただきます。もし失礼がありましたらお許し下さい。

ととにーちゃん、あなたほど温厚な人をほかに知りません。ガラケイジョシさん・上埜さんいつも優しい投稿ありがとう。Uさん、飯山さん、中原中さん、百日紅さん、与田ひろみさん、暖かい励ましに感謝します。同級生Wさんどうしてますか。U・Wさん、苫小牧の三条さん、同級の高橋君子さんきっと50年振りでしたね。鈴木梅治さんは同級生の弟さんとは。瀧谷さんはすごいドローンの使い手です。坪川拓史監督、映画泣けました。手代木さん、ありがとう。鈴木泰先生には当館で講演していただきました。松嶋千佐子さんどうも。松嶋さえ子さんは16mmカメラを、東京光音・齊藤さんD-2VTRを提供していただきました。くつした企画ご一行の皆様、来年も来てください。島崎友樹さん、献本ありがとう。愛知県大府市中谷さん、カンパかたじけないです。西区小野さん、手稲区小澤さん8mmカメラなどありがとうございます。照明の新保ちゃん、いつでも寄って泊まって下さい。弟子屈平塚さん、道空港佐藤さん、お世話になりました。東京足立区戸田善守さん沢山の映写機を恐縮です。前図書館長清野さんはいつも自転車で。そのほかたくさんの道内外のお客様にお出で頂きました。また言葉の通じた、通じなかった海外のお客様もサンキュー。お名前を伺えなかったのが残念です。

またとりわけ地元にいる同級生には今年もお世話になりました。何かにつけご飯のおかずや飲み物を手土産に来てくれました。
女子では幸坂さん、小沢さん、笹田さん、常磐井さん、伊藤さん、東川さんたち。松井優子さんはガンと何十年も闘い、今年1月1日まで生きてくれた。男子では川西氏、石崎氏、植田氏、柳沢氏、笹山棟梁には建物の営繕や草刈りなども。松嶋博士はいつもPCを持って。札幌からはシゲさんがPCの改定やメンテに何度も。高森氏には感服。してたくさん昔の仕事仲間たちも。

こうしてみんなに支えられて今年も過ぎていきます。そしてさて来年はどういうことになるのやらですが、どうぞよろしくお願いいたします。皆様よいお年をお迎えください。

登別映像機材博物館 館主 山本 敏
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIN 山本

Author:BIN 山本
私は、「登別映像機材博物館」の館主です。
「登別映像機材博物館」は私たちが今まで現場で使用してきたビデオ放送機材やフィルム機材を俯瞰し、その変遷の躯体をもって動態保存展示するものです。映像ソフトが時代の文化だとするなら、それを生み出したハード機器(撮影機材や再生機材、編集機材、音声機材)もまた文化遺産だと考えています。
 映像機器メーカーでも放送局でもなし得ない、町場のプロダクションが最近まで使用してきたVTRやビデオカメラをはじめ、フィルム機材を含めた放送機材の変遷史ともいうべき動態機材展示です。そのつもりで仲間のプロダクションなどの協力も得て、少しずつ集めておりました。入場無料、日本で唯一の『映像機材総合博物館』です。
 多目的ステージもあります。是非一度お立ちよりください。

カテゴリ